MENU BOOK LIBRARY 事例からさがす
事例からさがす > > > No.008
No.008
スエード調の布素材で高級感を演出。角金(かどがね)の使用で耐久性とデザイン性も取り入れたメニューブック。

星付きフレンチのワインリストに相応しいワイン色のスエード調の素材を使い、箔押しのロゴを入れることにより高級感を演出しました。スエード調の素材を使う場合、折り返しや角の部分は表面の起毛が損傷を受けやすく、「禿げ」が出やすいという弱点があります。特に痛みが出やすい角の処理に角金(かどがね)を使い、痛む前に「隠す」処理を行いました。角金は機能面での効果だけではなく、見た目のデザイン性でもおしゃれ感を出すことが出来るので、HIRASAWAの制作するメニューブックでは度々使われます。

ロゴには金色の箔押しを施し、スエード調のメニューブックに負けない豪華さを表現しました。

中を開くと、メニュー表を留める方法として組ネジを使っていますが、表にはネジは見えないように工夫しています。組ネジは存在感があるので、表に見せたくない場合は中に閉じ込める加工も可能です。