TOPICS
お知らせ
2021.08.30
<連載>SHISAKUの試作/クリーンメニュー?を企画します!(最終回)
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: SHISAKU-no-shisaku_1-1-1-1024x613.jpg

いつもメニューの装釘SHISAKUをご覧いただきましてありがとうございます!SHISAKUの芦田でございます。

今回でやっと最終回、初めての挑戦でしたが長かった・・・

 コロナ禍でいわば大混乱に陥った飲食業界ですが、世間一般でもビニールカバーを被せて使用されているお店様も多いかと思われます。しかし、なんというか、被せられている感があるといいますか。それはそうで、実際衛生上の追加措置な訳です。そこで、被せられている感を解消するには「ビニールカバーありきでデザインすればいいのでは」という着想から今回の企画が始まったのです。

これまでのあらすじはこちらから

SHISAKUの試作/クリーンメニュー?を企画します!(その1)

SHISAKUの試作/クリーンメニュー?を企画します!(その2)

SHISAKUの試作/クリーンメニュー?を企画します!(その3)

SHISAKUの試作/クリーンメニュー?を企画します!(その4)

SHISAKUの試作/クリーンメニュー?を企画します!(その5)

  • パイピング紆余曲折もあり完成へ

前回パイピングを施してからの修正を発注したものが上がってきました。

結果、1種類のパイピングテープの色変えで収まりましたが、ここまで長かったなぁ、と感慨もひとしおです。どんなものであったりプロジェクトもそうですが、意思決定をするにあたりいろんな人の意見を聞いて、それを取り入れたりするのもアリだと思うのですが、今回はディレクションを社長が一貫したイメージを持っていっていただいたため、迷走することなく完成となりました。紆余曲折はありましたけどね・・・実はパイピングに使用しているステッチ(縫い糸)の変更を指示して今回の完成となりました。神は細部に宿ります・・・

完成!いたしました!製品名も新たに「CLEANNESS MENU(クリンネスメニュー)」としました!

それではイメージも新たに撮り下ろした写真をどうぞ!!!!

——————————————————————————————————————–

CLEANNES MENU_ShineBrown

こちらはクリアのビニールカバーにブラウンのパイピング、ベースはホワイトを使用し角は丸く仕上げたメニューブック。

↑折り目に二箇所、ピンのようなものがありますが、こちらは「割りピン」と言って、ピン先を2方向に折り曲げて固定するものです。ネジ類の中ではシンプルなものです。

↑割りピンを上から。ちっちゃくてワンポイントにいいですね。

↑割りピン開いたところ。

↑角のRとベースとの隙間、この重なりをデザインしたかったので四苦八苦したのでした。ステッチも含めて。

——————————————————————————————————————–

CLEANNES MENU_GrayBlack

こちらはクリアのビニールカバーにブラックのパイピング。ステッチの白が映えるメニューブック。

↑開いたらこのような感じです。ビニールカバーのチープさはなく、シックにまとまっています。

↑こちらはレールファイルでカバーと本文を綴じています。

——————————————————————————————————————–

CLEANNES MENU_PsycheYellow

こちらはグレーのベースにイエローのビニールカバーのメニューブック。ベースにホワイトのシルクで印刷しています。蛍光イエローのコバが更に光沢が出てアクセントになっています。

↑こちらもレール綴じを採用

——————————————————————————————————————–

本文は衛生面の取り扱いとして「防水で拭き取りやすさ」を考慮し、第一に「水が滲みない」特性を考慮し、さまざまな用紙を比較検討しましたが「ユポYPI200」という耐水紙を採用しました。選挙で投票用紙に使われているユポですよ・・・

カバー、本文と非常に水に強い作りにしており、コロナ禍における衛生意識に正面から向かい合った仕上がりになりました。皆様が常日頃から手などのアルコール消毒で感染拡大防止に尽力いただいている中で、その助けになる一品かと。

そして撮影で急にシックなモルタルのバック材使っているなと思った方もいらっしゃると思います(いたらいいなと思います!)。SHISAKUの職人がメニューブックの企画としてブロークンモルタルバッグ材を作成しました!!!!!

なぜそこまで?それはイメージをダイレクトに伝えるために自分たちでできる創意工夫の中に「バック材を自作する」があったからに他なりません。イメージしたものはどんどん形にしないと、という思いでこの「SHISAKUの試作」は始まっている、というところもあるので。

SHISAKUの試作では、メニューブックにまつわる「今この時に必要なもの」から「あったら面白いもの」「実用性を追求したもの」などさまざまな角度からSHISAKUの技術、手仕事を駆使して企画していきます。もちろん今回のCLEANNESS MENU(クリンネスメニュー)についてのお問い合わせやお見積もりなど、ぜひお待ちしていますのでよろしくお願いします!

左上:CLEANNES MENU_ShineBrown

右:CLEANNES MENU_GrayBlack

中央下:CLEANNES MENU_PsycheYellow

CLEANNESS MENU(クリンネスメニュー)についてのお問い合わせはこちらまで!

〒112-0014 東京都文京区関口1−36-1 HiRASAWA bldg Ⅱ

MAIL:kobo@h-print.com

TEL:03-3202-2531

メニューの装釘 SHISAKU:芦田

topへもどる