ご利用ガイド
SHISAKUのメニューブックのつくりかた6step
option さらにクオリティUP
option さらにクオリティUP
option さらにクオリティUP
STEP 1.サイズを選ぶ
STEP 2.表紙素材を選ぶ
STEP 3.見返し(表紙裏面)を選ぶ
STEP 4.芯ボール(カバー芯材)厚さを選ぶ
STEP 5.綴じ方を選ぶ
STEP 6.中面印刷方法
完成!

STEP 1

サイズを選ぶ

メデザイン性と機能性。サイズ選びも重要なポイントとなります。

タテタイプ
[A4タテ]タイプ

[A4タテ]タイプ

メニュー用紙サイズ:A4対応

全般的に浸透しているサイズであり、定番のスタイルです。お手持ちのプリンターでのメニュー印刷時に対応ができるA4規格サイズです。

[A4タテハーフ]タイプ

[A4タテハーフ]タイプ

メニュー用紙サイズ:縦297×横105mm対応

コンパクトサイズなのでテーブル上で場所をとりません。シャープでモダンなイメージを与えます。

[B4タテ]タイプ

[B4タテ]タイプ

メニュー用紙サイズ:B4対応

余白を活かしたゆったりとしたデザイン表現が可能なのでカジュアル感、インパクト感、または高級感を出すなど幅広く演出ができます。サイズが大きいため、テーブルに置かずホールスタッフが提供することをお勧めします。

[B5タテ]タイプ

[B5タテ]タイプ

メニュー用紙サイズ:B5対応

テキストベースのメニューなど、シンプルなデザイン表現に最適なサイズです。カフェやスウィーツ店など小さめサイズのメニューがマッチする店舗に向いています。

横タイプ
[A4ヨコ]タイプ

[A4ヨコ]タイプ

メニュー用紙サイズ:A4対応

一般的にあまり目にしない形状なので差別化が図れます。見開いた時の大きさに華やかさがあります。縦書きメニューにした際のバランスの良さがあります。

B4ヨコ]タイプ

B4ヨコ]タイプ

メニュー用紙サイズ:B5対応

縦書きの短いメニュー名や、多くを語らない表現時に趣を出せます。横型の洒落感と、手に持った時の収まり感に落ち着きがあります。

正方形タイプ
[正方形]タイプ

[正方形]タイプ

メニュー用紙サイズ:縦210×横210mm対応

遊び心のあるスクエアサイズで、かわいらしさも表現が出来ます。規格サイズではないため、お手持ちのプリンターでのメニュー印刷後にサイズ加工が必要です。一般的にあまり目にしない形状なので差別化が図れます。

STEP 2

表紙素材を選ぶ

お店のコンセプトやこだわりを伝えること。素材の特徴も選択時のポイントです。

紙素材

[きんくろ]

細かい皺紋の「檀紙」を再現した和紙と、金の輝きを敷き詰めた和紙を立体感ある仕上がりです。和風はもちろん、洋風でもマッチします。

[ぎんどう]

細かい皺紋の「檀紙」を再現した和紙と、黒とはまた違う皺と銀の輝きをちりばめた仕上がり。黒より柔らかい雰囲気です。

[きんわし]

純和室などの壁紙に使われる金粉を塗布した和紙を使っています。熟練の職人による手作りです。

[くろわし]

純和室などの壁紙に使われる表情豊かな黒和紙です。落ち着いたモダンな空間にマッチします。

[きんぞめ]

金染めの和紙でしっかりとした厚みがあります。落ち着いた高級感で、和風に良くマッチします。

布素材

[ぬのちゃ]

布のベースに表面塗装を施した堅牢性の高い素材です。斜のエンボスで表情もあります。それぞれくすみのある色です。

[ぬのうすちゃ]

布のベースに表面塗装を施した堅牢性の高い素材です。斜のエンボスで表情もあります。それぞれくすみのある色です。

[ぬのあか]

布のベースに表面塗装を施した堅牢性の高い素材です。斜のエンボスで表情もあります。それぞれくすみのある色です。

[あさちゃ]

自然素材である麻の持つ素材感と厚みを感じられます。ナチュラルな優しいイメージですが耐久性も備えた素材です。

[おりくろ]

紬着物をモチーフとした生地は光沢と細い織り柄が繊細。上品で凛と落ち着いた高級感です。

[やまぶき]

斜のエンボスがスッキリと入った凛とした表情で和洋どちらでも合います。

[ぎんかわ]

マットな光沢と少しのエンボス感で上質かつエレガントな演出が可能です。

[ちゃかわ]

マットな光沢と少しのエンボス感で上質かつエレガントな演出が可能です。

[しろかわ]

マットな光沢と少しのエンボス感で上質かつエレガントな演出が可能です。

[むらつむ]

明治創業「京都老舗座蒲団専門店」のツムギ素材を使用。日本の美しい伝統色をそろえました。

[きんつむ]

明治創業「京都老舗座蒲団専門店」のツムギ素材を使用。日本の美しい伝統色をそろえました。

[えんつむ]

明治創業「京都老舗座蒲団専門店」のツムギ素材を使用。日本の美しい伝統色をそろえました。

[ももつむ]

[みどつむ]

[こんつむ]

STEP 3

見返し(表紙裏面)の素材を選ぶ

カバーを開けた瞬間からがメニューブックのプロローグです。
コース料理の表現スタイルをイメージしてください。

[グレー40]

[グレー90]

[黒]

[しろ鼠]

[朱]

[栗]

[くるみ]

[からべに]

[濃緑]

[ぶどう]

[濃あい]

[くち葉]

STEP 4

芯ボール(カバー芯材)の厚さを選ぶ

芯ボール紙はメニューカバーの芯材であり、カバーの厚みとメニューブックの重さにも影響します。

薄口 #17

厚さ:1.25mm

中厚 #28

厚さ:1.96mm

厚口 #30

厚さ:2.0mm

最厚 #32

厚さ:2.4mm

STEP 5

綴じ方を選ぶ

メニューカバーと中面用紙をどの様に綴じるかで見栄えも変わります。
差し替え時のオペレーションの面での違いがあります。

メニューピン

[メニューピン]タイプ

綴じ方に伴うカバーのサイズや背の厚さ等は、制作スタッフが仕様に合わせて調整致します。ご希望がございましたらお知らせください。

COLOR

組ネジ

[組みネジ]タイプ

メニューカバーと中面用紙の同位置2か所に穴をあけ組ネジで留めます。

COLOR

紐つき

[紐]タイプ

カバーの背とメニュー用紙中面に2ケ所の穴をあけ、紐を通して綴じます。

COLOR

[紐+ハトメあり]タイプ

上記加工にハトメを入れて強度を高めます。アクセントとして用いる場合もあります。

COLOR

レール

[レール]タイプ

外観はスッキリ。メニュー中面の差し替えは上部から差し込むだけの簡単な手順です。

COLOR

無料オプション

メニューブックをより長持ちさせる加工やパーツを
無料オプションにてご用意しました。

コーナー金具

メニューブックの角を保護するとともに、アクセントとして用いる場合もあります。

COLOR

ビニールポケット

メニュー中面をビニールポケットに入れることで用紙の汚れを防ぎます。
ビニールポケットを使わず、耐水性の高い用紙を使うことにより汚れを防ぐことも可能です。

<ご注意!>
B4サイズのメニューブックはご対応しておりません

有料オプション

カバーに店舗ロゴを印刷して独自性やデザイン性、メニューの種別を印刷して機能性を高めます。

箔押しロゴ印刷

凸版を裏側から加熱し転写箔を熱で押し付ける技法。
キラキラしたメタリックな色の表現ができることも箔押しならではです。

COLOR

[金][銀]
小:105mm×148mm
大:210mm×148mm

※一部のカバー素材には対応していません。
詳しくはお問い合わせください。

シルクロゴ印刷

多くの素材に対応でき、大きな印字サイズにも対応できます。

COLOR

[白]
小:105mm×148mm
大:210mm×148mm

STEP 6

中面印刷方法を選ぶ

高性能オンデマンド印刷機により再現性の高い印刷が可能です。
ザラツキの強い表情がある紙や耐水性の高い紙など、表紙素材との調和も考えお選びください。

紙素材
[ミューコートネオス]

[ミューコートネオス]

用紙規格:135kg

つるっとした光沢のある用紙で、写真に映える汎用性の高い用紙です。

[ミューマットコート]

[ミューマットコート]

用紙規格:135kg

ミューコートと比べ、光沢感は控えめな用紙です。マットといえども平滑で、様々なシーンで映える用紙です。

[アラベール ホワイト]

[アラベール ホワイト]

用紙規格:135kg

柔らかい風合いを失わず、ナチュラルで気品のある印刷表現を可能にします。印刷用紙としてあらゆるご要望に応えられる高品質のファインペーパーとして高い評価を受けています。

[ヴァンヌーボ スノーホワイト]

[ヴァンヌーボ スノーホワイト]

用紙規格:130kg

豊かな風合いをもち、中に空気を多く含むために軽くてかさ高な特徴をもち、厚さはあるけれど、軽いという印象の用紙です。

[新バフン紙 きぬ]

[新バフン紙 きぬ]

用紙規格:130kg

古い民家の土壁のような風合いを持たせたファンシーペーパー。どこか懐かしさを感じる、がさっとした手触りが特長的です。

[オーパMDP220]

[オーパMDP220]

用紙規格:220μm, 205g/m2

紙を樹脂でサンドした耐水紙です。適度な光沢と白色度で印刷面が見やすく再現度が高いことが特長です。