MENU BOOK LIBRARY 事例からさがす
事例からさがす > > > No.016
No.016
製粉袋!?よく見れば遊び心が随所に散りばめられた見た目も楽しいメニューブック。触っても楽しい作りに仕上げました。

本物の製粉袋を使用した、つけ麺店のメニューブックです。
製粉袋を実際に見たことがある人は非常に少ないと思われますので、ファーストインプレッションは「なんだろう?」と、まずは興味が湧き立つと思います。
メニューブックの表面には「袋についた粉」をイメージしたホワイトのシルク印刷を施して、遊び心も表現してみました。
紙素材のような布素材のような一風変わった素材は「見たことがない風合いだなぁ」と、手でじっくり触ってみたときに、さらにもうひとつの仕掛けに気が付きます。芯材に柔らかいクッションを入れることにより、ヘナヘナと曲がってしまう弱い素材に「張り」と「弾力」を持たせたため、そっと手で折ってみてもすぐに形状を取り戻しします。注文を忘れてメニューブックを触っているうちに、勘の鋭い人ですと、これまでの経緯を総合して考え、留め具に使われている棒を見た瞬間に、「これは麺棒なのでは?」と気づくかと思います。そうなれば制作者の思うツボですね!
つけ麺屋を含め麺類をメインに扱う飲食店といえば、さっと食べて席を立つ印象がありますが、このようにメニューブックでお店を「魅せる」演出もイメージアップに繋がりますね。印象に残ること間違いなしです!